長寿大国インドにおける還暦や古希のお祝いビジネスチャンス

b2b
日本の文化である還暦祝い古希祝いの習慣をインドへ紹介することは、ギフトの文化が発達しつつあるインドのマーケットに売り込む形となり、そこから大きなビジネスチャンスにつながる可能性があるのではないでしょうか。世界規模からみても、インドは中国に次ぎ人口が多い上に、長寿大国でもあります。また、アーユルベーダなど、宇宙と人間の身体を結ぶ未知なる力を常に生活の中に取り入れ、心と体に自然の力を入れて浄化をする伝統的なスタイルが受け継がれています。その力は、我々にとっても未知なるものであることは確かですが、長寿で有名であると同時に皆健康であるという点からも、なぜそれらが受け継がれてきたのかがわかります。長寿である上に健康なのですから、本当に生きていることの素晴らしさを体感できている、すばらしい伝統であることは確かなようです。

そんな長寿大国であるインドは、それぞれが大家族であることでも知られており、親類縁者も多く、ご近所同士も仲が良いといわれています。その昔、日本の古き良き時代と重なる人間関係が、インドでも家族のあり方として、今もなお存在しているのです。そして、日本と同じように年上の者を敬う精神を、それぞれが持っています。国が違っても、人として、歳を重ねるごとに、神様の様に崇められ尊敬される精神は、本当にすばらしいことであるといえるのではないでしょうか。ですから、日本で受け継がれている還暦や古希祝いなどの長寿のお祝い事は、インドならずとも世界中に紹介ができるすばらしい伝統のひとつといえるのです。

つまり、長寿を祝う国々であるならば、インド以外にも、日本の還暦や古希祝いの伝統は、自然と受け入れられるイベントになる可能性があるのです。しかも、それらがすべてビジネスとして成立するならば、日本にとっても、より大きな成果を上げることができるといえるでしょう。日本の文化として受け継がれてきた還暦や古希祝いを、世界中に広めることができるビジョンも可能になるかもしれないのです。そんなビジネスチャンスを、多くの人々が考えるならばどのような形が一番ふさわしいといえるでしょうか。

長寿を祝うという精神は、すべて心のあり方によるものともいえますから、多様な形として現れることが、まず考えられます。ですから、個人でも、大手でも、やり方によっては、まったく異なるものになることは確かです。何が受け入れられるかは、相手方次第ですし、結果として見なければ何もわかりません。つまり、インドを中心に考えるならば、やはりインドをよく知ることからはじめなくてはいけません。自分たちにとって良いものだからと、相手も良いと思ってくれるかどうかなんてわからないのです。ただ良いからと勧めても、相手の心を打たなければ意味がなく、納得できる確かな感情移入が必要であるということです。インドで、自然と受け継がれてきた伝統的なものが、なぜ受け継がれてきたのかよく考えなくてはいけません。

またインドは熱心な宗教大国であることでも知られていますが、カースト制度など、インドの中でも私たちの知らない様々な世界があります。日本では良くても、インドでは良くない物や、容認される事柄や、容認されない事柄が多く存在していますから、そういったこともよく調べてからビジネスとして進めるのが良いと考えます。そこから見えてくる、インドの人々が好ましいと思う物や事柄の中から、はじめてビジネスチャンスの道がみえてくるといえるのではないでしょうか。ありがたいことに、インドの人々は日本を好ましいとみてくれている方が多いといわれています。中国に次ぐ人口密度の多いインドの市場は、今現在、世界中が注目している中で、日本ならではの文化や還暦祝い、古希祝いなどの伝統が、多くのインドの人々に受け入れられたならば、本当に大きなビジネスチャンスのきっかけになることは確かです。

還暦を過ぎてからの結婚、インド人の妻はすごい

india

一度離婚を経験しているので、結婚はしないであろうと思って仕事一筋で生活をしてきました。20代の時に一度結婚をしました。仕事人間の私でしたが、元妻のことを愛していましたしとても大切にしているつもりでした。専業主婦をしたいという彼女の願いを受け入れて結婚生活をしてきましたが、彼女は私が出張をしている時に浮気をしていることが分かりました。仕事柄出張が多いということで、彼女に寂しい思いをさせていることを自覚しながらも理解をしてくれていると思って仕事に打ち込んできました。でもそれが理解されていなかったという事実が分かり、離婚をしました。彼女は反省をしていましたが、私の気持ちが離れてしまい離婚へと至りました。

定年間近の時には、インドへの出張が多くなりました。インドで長期生活をすることもあり、B2Bマーケットを利用することが多くありました。今の妻とはそのインドのB2Bマーケットで知り合いました。妻はインド人です。もう結婚をすることはないと思っていましたし、国際結婚をするとは想像もしていませんでした。結婚生活に良い思い出があまりなかったのですが、彼女はとても素敵な人で私の事を愛してくれています。還暦をすぎていますし、妻は私より20歳も若いのでパワフルです。結婚をしたいという気持ちが芽生えたのですが、国際結婚は難しいと思っていました。彼女も私と離れたくないといい結婚を望んでくれていました。彼女の思いの強さに押されて結婚を決断したのですが、彼女に伝えたのが日本で生活をしてくれるならという条件をだしました。それでも良いといってくれて、結婚をしました。

インドでの長期出張を終えて一度日本に帰って、定年を迎えました。再雇用制度がある会社だったので、再雇用をしてもらいインドへ派遣されることになりました。そういう融通の利く人を会社も望んでいたのでしょう。インドに戻り、彼女と結婚をしました。インドで新婚生活が始まりました。彼女は自営業をしていて、とても忙しく働いている人です。私たちの出会いの場となったB2Bマーケットには頻繁に出かけています。休みの日には夫婦でインドの市場に売り買いにも出かけています。インド人の妻なので、日本人のような奥ゆかしさはなくとてもパワフルですが一緒にいるだけで元気になれます。食事も全く違うので、最初は戸惑うことも多かったのですが、私の口に合うような食事を作ってくれる優しさを持っている人です。

国際結婚について全く考えたことがなかったのですが、昔では珍しいことでしたが今では恋愛の自由を主張することができるし、結婚を機に日本との架け橋となることができたらと思って活動を始めようという思いになりました。私が具体的にしているのが、インド妻に関することのブログ発信です。カルチャーショックは色々あります。その国のしきたりに従う為に、色々なことを妻に教わってはブログで発信をしています。それは自分の記憶と記録でもありますが、日本の人にも知らないことを知る機会になるのではないかという思いからでした。逆に妻は日本のしきたりや食事などをSNSを通じて発信をしています。お互いを尊重することが結婚生活では大切だという事を、妻に教えてもらっています。我が家のインド人妻はとてもパワフルな人ですが、愛情表現がとてもストレートで時に恥ずかしくなることもあります。日本人にはないような表現力に、私がついて行けない時もありますがそういう私も受け入れてくれている妻にも感謝をしています。還暦を過ぎて結婚をするとは思っていませんでしたが、とても素敵な人に出会えて良い人生だなと思っています。妻に感謝をしています。

インドのオンラインショッピング事情

onlineshop

インドは人口12億1000万人と巨大市場を抱えています。
そのインドでは昨今、オンラインショッピングが盛んになっています。

インドのネットユーザーは人口全体の10%(約1億2000万人)とされていて、
オンラインショッピングの市場規模は約6,300億ルピー(約1兆円)まで
拡大するのではないかと予測されています。

インドではオンラインショッピングの大部分が旅行商品(航空券やホテル代)でしたが、
昨今では旅行商品以外の「モノ」の販売も約半分程の割合と大きく伸びてきているようです。
モノの商品別割合としては「コンピュータ関連」が最も多く、「カメラ」「携帯電話」「大型家電」
が続いて多くなっています。

インドは店舗の数が少ない上に品揃えも悪いようで、
わざわざ出向いても目当ての商品を購入できない場合も多くあるようです。
交通も物も充実している先進国よりも発展途上の新興国の方が
オンラインショッップの存在意義が大きいのかもしれません。

また、モノ以外の「データ」の販売も割合を伸ばしています。
データの販売は音楽などのコンテンツダウンロードやデジタルデータのディスカウントクーポン、
航空券や列車の切符などの電子チケットなどもデータ販売されています。

インドのオンラインショップユーザーは?

インドの人口構成は平均年令が25歳ととても若い構成となっています。
そのため、インドの経済成長に伴ってEC市場は更に拡大していくものと考えられています。
オンラインショップのユーザーも18~35歳の若い年代が利用者の90%を占めています。
また、男女比率は70%程が男性、30%程が女性と、男性の割合がかなり多くなっています。

オンラインショップを利用する端末としてはPCが多いようですが、
携帯電話を利用している人が約9億人、スマートフォンを利用している人は約7,000人程いて、
かつ近年ではスマートフォンを持つ人が爆発的に増えているため、
今後はスマートフォンでの利用が増えてくると思われます。

インドの有名オンラインショップ紹介

インドのオンラインショップは今まで企業対個人のB2C(Business to consumer)が中心でしたが、
最近では多数対多数の『マーケットプレイス』も増えてきているようです。

※マーケットプレイスとは※
マーケットプレイスはインターネット上で売りてと買い手が自由に参加できる取引市場のこと。個人でも企業でも参加することが可能ですので、企業対企業、企業対個人等自由に取引ができます。今までインターネット上では一対多のB2Cでの取引のみが行われていましたが、マーケットプレイスの登場でインターネット上でも多対多のB2Bの取引が可能となったのです。現在では自動車部品や鋼鉄。建築素材までもが調達可能となったり、あらゆる産業がマーケットプレイスでの取引を初めています。マーケットプレイスの利点は、調達コストが従来よりも抑えられる点や新規開拓の営業コストの削減、在庫管理の容易さ等が挙げられます。

ここで、インドの有名なオンラインショップをいくつかご紹介致します。

■■Flipkart■■

Flipkart

“Flipkart”はインドを代表するオンラインショップサイトです。顧客数は約2,000万人ほど。一日あたりの注文数は10万点を超えるようです。Flipkartの創設者は米Amazonに勤めていたSachin BansalとBinny Bansal。共にIIT Delhiを卒業しています。Flipkartを2007年に創設し、初めは本を中心に販売していました。その後、家電や携帯電話、カメラ、PC等取り扱い商品を拡大しています。年間流通総額は約1000億円。インドのIT業界では知らない人いない程の存在です。

■■Snapdeal■■

Snapdeal

“Snapdeal”は2010年に創設されたオンラインショップです。創設者はKunal BahlとRohit Bansal。それぞれペンシルバニア大学、IITを卒業しています。Snapdealはモバイルでの取引に強く、売上も約30%程度がモバイルユーザーとなっています。また、中小都市への顧客リーチが強く、売上における中小都市の占める割合が約60%程度となっています。こういった点で他のオンラインショップとの差別化がされています。Snapdealは創業当初、共同購入型のクーポンサイトでしたが、2010年に入ってからマーケットプレイス型のオンラインショップへと移行しました。

■■Myntra■■

Myntra

“Myntra”は2007年に創設されたオンラインショップです。創設者はMukesh Bansal、Ashutosh Lawania、Vineet Saxenaの三名。全員がIITを卒業しています。Myntraはファッションに特化しており、現在約600の国内外のブランド商品を提供しています。また、数多くのトップファッションブランドともタイアップしています。創業当時はTシャツやカレンダー等のオンラインカスタマイズプリント事業を行っていました。Myntraは2014年に前述したFlipkartに買収されました。

オススメのインド家具と輸出業者の紹介

furniture

インドには素晴らしい家具業者がいくつもあります。私がおすすめのインド家具と輸出業者をご紹介します。

 輸出業者

  • Methyl Violet Powder/Crystal(Basic Viole…
  • DTY – Polyester Draw Twisted Yarn
  • Air Cooled Screw Chillers
  • Drinking Chocolate
  • Poly Propylene Automotive Batteries
  • Wooden Hanging Photo Frames

  取引申し込み先

  • Buy  Aluminium Coils
  • Buy  Hardware Materials
  • Buy  Bearing
  • Buy  C.I.Casting
  • Sell  Fully Digital Servo Drive
  • Sell  Cams for Dornier Looms

オススメのインド家具

  • Saloni Impex
  • Onyx Trading Company
  • Amul Industries
  • Kayavlon Impex Pvt. Ltd.
  • Jay Enterprise
  • Satguru Group
  • Mould Polymers
  • Nova Paints & Chemicals
  • Hakimi Wire Netting Ind.
  • Jitendra Textiles
  • Bhagwati Machine Tools
  • Havmor Plastics
  • N. V. Techno Cast Pvt. Ltd.
  • Vishal Industries
  • Ratnamani Metals & Tubes Ltd.
  • J K Narrow Fab
  • Shreeji Fashion
  • Precision Trans-elect Industri…
  • Sujata Synthetics Ltd
  • Rajvee Exports
  • Zinco Chemical Industries
  • Ambuja Silk Mills
  • Meet Industries
  • R.g.mechanic Works
  • Omeel Coils
  • Unix Sales
  • Ashi Industries